×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?
はじめてのスノーボード&初心者でも楽しいスノボ・トップページ >ゲレンデのコース整備は当日早朝に

コース整備の直後は快適ですが

スポンサードリンク

クマさん圧雪車(雪上車?とも言うらしい)の後ろはとても危険

スキー離れ、スノボ離れって本当でしょうか

休日にスキー場へ出かけると駐車場は満杯で、ゲレンデまで遠い第3駐車場とか、第4駐車場に誘導されることがあります。休日だから混んでいるのは仕方がないとあきらめて、着替えが終わったらひたすら歩くしかありません。シャトルバスが待機していてゲレンデまで乗せてくれればラッキーですが・・・。ようやくゲレンデに着いたら、今度はリフト乗り場に長蛇の列が・・・。

かつて日本がバブル経済の好景気のころは、もっともっとたくさんの人達がスキー場に押しかけていたそうですが、最近の若者はスキーにもスノーボードもあまり興味を示さなくなったと言われています。「若者の○○離れ」という言い方をあちこちで耳にします。

しかし休日のスキー場に行ってみると「本当にそうなのかしら?」と思ったりします。それくらい休日のゲレンデにはたくさんのスキーヤー、スノーボーダーが来ています。

営業中のコース整備は難しい

スキー場にたくさんの人がやってくれば、ゲレンデのコンディションも段々わるくなっていきます。カチカチに固く凍ったアイスバーン状態だと滑るにはかなり厄介ですが、カチカチに固いことでゲレンデは荒れにくかったりします。適度な固さのゲレンデは大勢のスキーヤー、スノーボーダーが半日くらい滑走するとあちこちにギャップ、でこぼこ、穴?などが出来て滑りにくいゲレンデになっていることもあります。

スキー場によってはゲレンデがこういう状態になってくると、一旦コースをクローズ(閉鎖)してスキー場のパトロールの人達がロープなどを張り、一般の利用者が入れないようにして、数台の圧雪車をコースに入れて短時間でコースを整備してくれるスキー場もあります。

スキー場の圧雪車

しかし営業時間中に、なるべく短い時間でコース整備をおこなうためには最低でも2〜3台の圧雪車が必要であり、操作(運転)する人も必要です。他にも後方をスノーモービルに乗った人や、スキー板を履いたスキー場のパトロール(関係者)が、整備中のコース内に一般客が立ち入らないように、万一の事故を防ぐためにも監視というか警戒しなくてはなりません。

大規模なスキー場であれば人員的にも余裕があるので可能ですが、中規模以下のスキー場では営業時間中のコース整備というのは非常に難しいように感じます。

前日の夕方から夜にコース整備をされても

早朝に自宅を出てスキー場の営業が始まる前にウェアに着替えて軽い朝食を済まして準備万端、気になるのはゲレンデのコンディションです。サラサラの新雪でも降ってくれていれば気持ちよく楽しめますが、ここ数日雪が降っていないとゲレンデは固くてあまり楽しくありません。

このような固いゲレンデは転ぶと痛いですし、スキー場の事情によっては前日の営業が終わってすぐにコース整備をするスキー場もあります。

整備をしてくれるのは有難いのですが、深夜から早朝にかけて気温がぐっと下がるとゲレンデはガチガチのアイスバーンになっていたりして、こういう状態では初心者さんにはとても厳しいゲレンデです。できれば当日早朝にコース整備をしてくれると、かなり良いコンディションで滑走できるのですが、なかなか利用者の希望通りにはいきません。

コース整備直後の快適さ

わたしがよく出かけるスキー場では比較的空いている平日の夕方になると圧雪車がゲレンデのはじっこを山頂に向かって登っていき、しばらくすると戻ってきます。パトロールなのか?なにをしているのかは不明ですが、圧雪車が通ったあとだけコース整備がされた状態になるので、バッチリ楽しめます。

コース整備直後の快適なゲレンデ

日帰りボーダーの多くは夕方には帰り支度を始めているので、ゲレンデはがらがらに空いていますし、ときには時間を延長してナイターまで滑ったりします。もちろん滑るのは圧雪車が完全にコースからいなくなってから滑ります。数年前にはコース整備をしていた圧雪車に突っ込んでしまったという重大な事故も発生しています。

コース整備中の圧雪車には絶対に近づいてはいけません。

スポンサードリンク

はじめてのスノーボード&初心者でも楽しいスノボ・トップページ >ゲレンデのコース整備は当日早朝に



menu 
 スノーボードのおもしろさとは、魅力とは
 スノボ?ボード?ボーダー?ライダー?
 スノボって、いつ誰がはじめたの?
 スノーボードに、必要な道具を揃えよう
 スノボにあると便利なもの、気付かないもの
 ゲレンデ・デビューの前に、これだけは
 これで絶対差がつく ― 自宅で出来る練習1
 友達に差をつける ― 自宅で出来る練習2
 ゲレンデのマナー・ルールを教えて
 スノボに出かける、前日までにやっておくこと
 さあスキー場へ行ってスノボを楽しもう
 スキー場に到着したら、まずはなにをする
 いきなり、リフトに乗る?乗らない?
 スキー場のリフトにも、いろいろあります
 多くのスキー場にある、ペアリフトの乗り方
 雪の上で、スノボの基本を確認しよう
 スケーティングの練習、これが大事
 いよいよ、スノボの実践編に入ろう
 基本中の基本、横滑りの練習
 右に左にゆらゆら。木の葉落としの練習
 ズレないように!斜滑降の練習
 みんなこれがやりたい!!ターンの練習
 それぞれのスノボ・デビューを振り返る
 日帰り温泉でスノボ疲れをとろう
 とても参考になる!スノボ無料動画を見る
 スノーボード・メモ・Q&A
 LINK
 
 みんなが奨めるスノボ・スクール体験記
 スノボのゴーグルって邪魔じゃない?
 カッコいいスノーボード無料壁紙がほしい
 わたしの前の人が、リフトから飛び降りた!
 みんなは平気なの?わたしだけが筋肉痛?
 ゲレンデで立てないときは、こうしてみて
 誰もが知ってる、あのスノボCMソング
 スキー場で、クレジットカードが使えない?
 グラトリに適した設定例<プロ仕様>
 オークリーゴーグルその2
 パウダースノーって、どんな雪?
 春先の雪質は危険?なにが違うの?
 スノーボードにひとりで行くってありですか?
 ゲレンデに、スマホや携帯持っていく?
 スノーボードを、お得に買いたい
 スノボがうまくなりたい、うまくなる方法
 スノーボードのテレビ番組ってないの?
 メガネ使用可能な、oakleyスノーゴーグル
 
 スノボ初心者さんの5割以上が風邪を引く?
 寒いはずのゲレンデで、なぜ汗をかくの
 この方法で風邪を早く確実に治す
 スノボに塗るなら、このワックスを使ってみて
 「今ここで、スノボのすべてを教えて!」
 これを知っておけば、あなたもスノボ上級者
 初心者さんにスノボを教えるには・・・
 スキー場での出会いなんてあるの?
 インターネットショッピングの罠(わな)?
 スノボが上手いとモテる?ゲレンデマジック
 スノボって最初の出会いが、とっても大切
 わたしをスノボにつれてって
 カッコよく、パーカーでスノボを楽しむ
 自分だけ初心者なのでスノボに行きたくない
 スキー場で熱々のカップ麺を食べるには
 駐車場で見かける、アレは絶対やめて!!
 モテるスノーボーダーの必殺テクニック
 自分が滑っている姿を見たときの衝撃!
 こんなスノボ上級者は嫌われる
 普通のアイロンでボードにワックス塗る?
 スノーボードで激やせ。スノボダイエット
 禁煙に成功したきっかけは、スノーボード
 誰も知らない?プロスノーボーダーの秘密
 スノーボードキャリア?スキーキャリア
 雪用ワイパー、スノーブレードはなぜ高い
 スキー場の最大のセールスポイントはコレ
 これで、もう転ばないスノーボーダーになれる
 スノボに運動神経なんていらないよ!
 
 3月の早朝、スノボに出かけたら事故に
 スノボ・ブーツ試着中、足が抜けなくなった!
 売れるスノボ、売れないスノボ。ここが違う。
 中古のスノボ・ブーツを買ってみたら・・・。
 BURTONブーツの履き方、脱ぎ方。
 リフト代がタダになる?リフト無料って本当?
 「雪マジ」で得した人、損した人、○○○な人
 眠れぬ夜は、ひとりスノーボードに出かける
 デニムでスノボ、ジーンズでスノーボード
contact 
 お問い合わせ
advertisement