×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?
はじめてのスノーボード&初心者でも楽しいスノボ・トップページ >まわりの人とちょっと違うスノーボーダー

スノーボードは最初の出会いがカンジンです

スポンサードリンク

クマさんファースト・インプレッションは良かったけど

スノボが楽しいか?楽しくないか?は一緒に行く仲間次第

スノーボードを始めるきっかけは人それぞれいろいろな理由があったと思います。友達に誘われたとか、会社の同僚にグループでスノボ旅行に行こうと声をかけられたとか。

子供のころ親と一緒にスキー場に出かけたことがあったり、中学生・高校生のころにスキー、スノボ合宿に出かけたことがある人はスノボのイメージや、スキー場までの距離、ゲレンデの寒さなどをそれなりにイメージできますが、このような経験が過去にまったくない人にとっては、ある意味スノボに一緒に行く仲間が頼りになります。

スノボって楽しい!

頼りになるというか、あなたのスノボが今後楽しくなるか、楽しくならないかも、仲間次第だったりします・・・。

こういった方の場合は、スキー場に到着したらすぐにスノーボードスクールに入って、基礎的なことをインストラクターから教えてもらうことがベストだとわたしは思いますが、一緒に行く仲間が皆スノボ経験が豊富で初心者は自分ひとりだと、ひとりでスクールに行くべきか?皆と一緒に滑ったほうがいいのか?(というか、わたし滑れるの?)と出かける前から悶々(もんもん)と悩んだりすることがあります。

人とは違う、個性的なスノーボーダー?

面倒見の良い先輩がいて「大丈夫、オレ(わたし)が教えてあげるよ。」なんて言ってくれたらひと安心ですが、実はその先輩がちょっと人とは違ったスノボ知識を持っていたりした場合、教えられたあなたもちょっと人とは違うスノーボーダーになってしまったりして・・・。

ある日、スキー場のリフト乗り場でちょっと変わった風景に出くわしました。そのときの「スキー場で見た、あるカップルのリフト乗車風景」を下に用意しました。

最初に女の子がスキー場の係員の方に支えられながらリフトに乗ろうとしています。乗車位置でバランスを崩したり、リフトに乗ったあとガッツポーズ(?)をしていることから、あまりスノボに慣れていない初心者さんかと思われます。

このとき彼女はボードを真横にして、リフトが近づいたところで腰を下ろして乗車しています。

続いて後方から女の子の連れと思われる男子が、やはりボードを真横にして乗車します。

スキー場で見た、あるカップルのリフト乗車風景

あくまでもわたしの想像ですが、この女の子はリフトの乗り方を一緒に来ている男子に教えてもらったのではないかと思います。「リフトに乗るときはボードを真横ににしてリフトを待つのだ。」と・・・。

ボードが横向きの状態でリフトにふたり一緒に乗ることは難しいので、まずは女の子が乗って、そのあと男子が乗ったのではないかと推測されます。

ボードを横向きにしてリフトに乗ると、リフトに腰を下ろした直後にエッジを引っかけて、前方に転んでしまうことがあります。こうなると係員の人がリフトをすぐに止めてくれますが、リフトを止めると周囲の人たちからの視線を集めます。痛いくらいの視線がリフトを止めた人に集中します。

リフト乗り場でリフトに乗るスノーボーダーをしばらくのあいだ観察していましたが、ボードを真横にして乗車する人はこのおふたり以外にはいませんでした。

自分がちょっと変わったスノーボーダーになる?

ここで申し上げたいのは、ボードを横向きにしてリフトに乗ってはいけないということは決してありません。

ただ前述したようにボードを真横にしていると、エッジを引っかけて転倒してしまう可能性が高いので、リフトに乗るときはボードを進行方向に向ける(タテ方向に向ける)ことが一般的には常識となっています。この動画の方のように、自分が他の人とちょっと違う乗り方でリフトに乗っていることに気付かないまま、他の人に教える、教えられた人がまた別の人にその乗り方教えるという感じで、どんどん広まっていくことってあります。

こういう”ほかの人とはちょっと違ったことを教えられている”ことに、自分自身で早いうちに気付くためにはやっぱり「スノボ入門」のような雑誌などを、スキー場に出かける前に1度じっくり読んでからゲレンデに行くようにしたほうがいいように思います。


スポンサードリンク

はじめてのスノーボード&初心者でも楽しいスノボ・トップページ >まわりの人とちょっと違うスノーボーダー



menu 
 スノーボードのおもしろさとは、魅力とは
 スノボ?ボード?ボーダー?ライダー?
 スノボって、いつ誰がはじめたの?
 スノーボードに、必要な道具を揃えよう
 スノボにあると便利なもの、気付かないもの
 ゲレンデ・デビューの前に、これだけは
 これで絶対差がつく ― 自宅で出来る練習1
 友達に差をつける ― 自宅で出来る練習2
 ゲレンデのマナー・ルールを教えて
 スノボに出かける、前日までにやっておくこと
 さあスキー場へ行ってスノボを楽しもう
 スキー場に到着したら、まずはなにをする
 いきなり、リフトに乗る?乗らない?
 スキー場のリフトにも、いろいろあります
 多くのスキー場にある、ペアリフトの乗り方
 雪の上で、スノボの基本を確認しよう
 スケーティングの練習、これが大事
 いよいよ、スノボの実践編に入ろう
 基本中の基本、横滑りの練習
 右に左にゆらゆら。木の葉落としの練習
 ズレないように!斜滑降の練習
 みんなこれがやりたい!!ターンの練習
 それぞれのスノボ・デビューを振り返る
 日帰り温泉でスノボ疲れをとろう
 とても参考になる!スノボ無料動画を見る
 スノーボード・メモ・Q&A
 LINK
 
 みんなが奨めるスノボ・スクール体験記
 スノボのゴーグルって邪魔じゃない?
 カッコいいスノーボード無料壁紙がほしい
 わたしの前の人が、リフトから飛び降りた!
 みんなは平気なの?わたしだけが筋肉痛?
 ゲレンデで立てないときは、こうしてみて
 誰もが知ってる、あのスノボCMソング
 スキー場で、クレジットカードが使えない?
 グラトリに適した設定例<プロ仕様>
 オークリーゴーグルその2
 パウダースノーって、どんな雪?
 春先の雪質は危険?なにが違うの?
 スノーボードにひとりで行くってありですか?
 ゲレンデに、スマホや携帯持っていく?
 スノーボードを、お得に買いたい
 スノボがうまくなりたい、うまくなる方法
 スノーボードのテレビ番組ってないの?
 メガネ使用可能な、oakleyスノーゴーグル
 
 スノボ初心者さんの5割以上が風邪を引く?
 寒いはずのゲレンデで、なぜ汗をかくの
 この方法で風邪を早く確実に治す
 スノボに塗るなら、このワックスを使ってみて
 「今ここで、スノボのすべてを教えて!」
 これを知っておけば、あなたもスノボ上級者
 初心者さんにスノボを教えるには・・・
 スキー場での出会いなんてあるの?
 インターネットショッピングの罠(わな)?
 スノボが上手いとモテる?ゲレンデマジック
 スノボって最初の出会いが、とっても大切
 わたしをスノボにつれてって
 カッコよく、パーカーでスノボを楽しむ
 自分だけ初心者なのでスノボに行きたくない
 スキー場で熱々のカップ麺を食べるには
 駐車場で見かける、アレは絶対やめて!!
 モテるスノーボーダーの必殺テクニック
 自分が滑っている姿を見たときの衝撃!
 こんなスノボ上級者は嫌われる
 普通のアイロンでボードにワックス塗る?
 スノーボードで激やせ。スノボダイエット
 禁煙に成功したきっかけは、スノーボード
 誰も知らない?プロスノーボーダーの秘密
 スノーボードキャリア?スキーキャリア
 雪用ワイパー、スノーブレードはなぜ高い
 スキー場の最大のセールスポイントはコレ
 これで、もう転ばないスノーボーダーになれる
 スノボに運動神経なんていらないよ!
 
 3月の早朝、スノボに出かけたら事故に
 スノボ・ブーツ試着中、足が抜けなくなった!
 売れるスノボ、売れないスノボ。ここが違う。
 中古のスノボ・ブーツを買ってみたら・・・。
 BURTONブーツの履き方、脱ぎ方。
 リフト代がタダになる?リフト無料って本当?
 「雪マジ」で得した人、損した人、○○○な人
 眠れぬ夜は、ひとりスノーボードに出かける
 デニムでスノボ、ジーンズでスノーボード
contact 
 お問い合わせ
advertisement