×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?
はじめてのスノーボード&初心者でも楽しいスノボ・トップページ >プロ・スノーボーダーの秘密

プロスノーボーダーの秘密

スポンサードリンク

クマさんプロスノーボーダーはケガをしない?怪我が怖くないの?

ムチャな滑りをカッコよく決める

スノーボード関連メーカーのプロモーション映像では、階段や手すりをスノーボードで、ときには地面に雪がまったくない状況で滑走している場面を目にすることがあります。
いくらプロスノーボーダーでもこういう状況では誤って転倒することもありますし、その際には相当なケガを負ってしまう可能性だってあると思います。

プロスノーボーダーは、こういところで滑走することを躊躇(ちゅうちょ)したりしないのでしょうか?

手すりを滑るスノーボーダー

最近はあまり規模の大きくないスキー場でもゲレンデの端のほうにレールやボックスなどジブトリックのためのアイテムが設置されています。その一方でスノーボードのDVDや動画を見ていると、上の画像のような階段の横にある手すりを滑っている場面を見ることがあります。

ゲレンデに設置されているレールなどであれば、ちょっとバランスを崩しても雪面に逃げたり、転んだりできます。雪の上ですから痛みもそれほどではありませんし、そもそもゲレンデに設置されているジブ・アイテムは一般向けであり、傾斜も緩やかで、それなりに安全には配慮されているように感じます。

しかしDVDや動画で見る階段と並んで設置されている手すりは、決してスノーボードのプローモーション用に作られたものではなく、普段は本来の目的で(階段は階段として、手すりは手すりとして)使われているもので傾斜もありスノーボードを装着して、実際にその場に立つとかなりの恐怖心を感じるのではないかと想像できます。

なぜこのような無謀な滑りが出来るのでしょうか。もちろんスノーボードの技術そのものが極めて高いプロスノーボーダー(もしくはそれに近い人達)だから出来るといえます。

プロである以上お金を稼ぐために、スポンサーやカメラマンから「こういう滑りをしてほしい」と頼まれれば、ケガを覚悟でどんな危険なところでも黙って滑るのでしょうか?

その滑りの裏にあるのは

ひとつ大事なことは、ムチャな滑りをして入るように見えても彼ら(プロスノーボーダー)は、安全に十分に配慮してこのようなビデオ・ムービーを撮影しています。一見するとまったくわかりませんが、彼らはウェアの中にはカラダをがっちりサポートしてくれるプロテクターの上下を着用しています。

ビーニー(帽子)の下にも目立たないようなヘルメットを着用していたり、ビーニー自体がヘルメットのようになっているものもあります。他には手首、ひじ、ひざ周辺を守るプロテクターもしています。いわば”完全武装”をした状態で、危険な撮影にのぞみます。

なお、これらのグッズは一般向けにも販売されています。

ヘルメットやプロテクター


過酷なプロスノーボーダー

プロスノーボーダーはスノーボードに関する企業に限らず、一般の企業からスポンサー契約を受けていることもあります。ときには企業のプロモーション活動などへの出席・参加を要請される場合もありますので、撮影のたびにケガをして病院のベッドで寝ているわけにはいきません。

スノーボード(板)、バインディング、ウェア、ゴーグルといったスノーボードの主要商品を販売しているメーカーと契約した場合は、室内で商品を使用したり、着用したりした撮影以外に、ゲレンデ(というか人のこない雪山)に出かけて度肝を抜くような滑りをした写真や映像がプロモーションに使用されます。

つまりプロスノーボーダーはケガなどしていられません。ケガをしないために万全の態勢であらゆる撮影に臨んでいます。一般の人にはわかりにくいですが厳重に武装して。

プロスノーボーダーのワザを見るとすぐに真似してみたくなりますが、仮にプロテクターなどをしっかり装着していても、普通の人は手すりをスノーボードで滑ったりするのはやめておいたほうが無難です。プロテクターをしていても重大な怪我をしてしまうこともあります。

ケガをしてウインターシーズン中にスノボがまったくできなくなるのは、三度の食事よりスノボが好きな人にとっては非常に辛いものがあります。ゲレンデに設置されたアイテムでもそれなりに楽しめますので、そのくらいで満足しておいたほうがいいように思います。

スポンサードリンク

はじめてのスノーボード&初心者でも楽しいスノボ・トップページ >プロ・スノーボーダーの秘密



menu 
 スノーボードのおもしろさとは、魅力とは
 スノボ?ボード?ボーダー?ライダー?
 スノボって、いつ誰がはじめたの?
 スノーボードに、必要な道具を揃えよう
 スノボにあると便利なもの、気付かないもの
 ゲレンデ・デビューの前に、これだけは
 これで絶対差がつく ― 自宅で出来る練習1
 友達に差をつける ― 自宅で出来る練習2
 ゲレンデのマナー・ルールを教えて
 スノボに出かける、前日までにやっておくこと
 さあスキー場へ行ってスノボを楽しもう
 スキー場に到着したら、まずはなにをする
 いきなり、リフトに乗る?乗らない?
 スキー場のリフトにも、いろいろあります
 多くのスキー場にある、ペアリフトの乗り方
 雪の上で、スノボの基本を確認しよう
 スケーティングの練習、これが大事
 いよいよ、スノボの実践編に入ろう
 基本中の基本、横滑りの練習
 右に左にゆらゆら。木の葉落としの練習
 ズレないように!斜滑降の練習
 みんなこれがやりたい!!ターンの練習
 それぞれのスノボ・デビューを振り返る
 日帰り温泉でスノボ疲れをとろう
 とても参考になる!スノボ無料動画を見る
 スノーボード・メモ・Q&A
 LINK
 
 みんなが奨めるスノボ・スクール体験記
 スノボのゴーグルって邪魔じゃない?
 カッコいいスノーボード無料壁紙がほしい
 わたしの前の人が、リフトから飛び降りた!
 みんなは平気なの?わたしだけが筋肉痛?
 ゲレンデで立てないときは、こうしてみて
 誰もが知ってる、あのスノボCMソング
 スキー場で、クレジットカードが使えない?
 グラトリに適した設定例<プロ仕様>
 オークリーゴーグルその2
 パウダースノーって、どんな雪?
 春先の雪質は危険?なにが違うの?
 スノーボードにひとりで行くってありですか?
 ゲレンデに、スマホや携帯持っていく?
 スノーボードを、お得に買いたい
 スノボがうまくなりたい、うまくなる方法
 スノーボードのテレビ番組ってないの?
 メガネ使用可能な、oakleyスノーゴーグル
 
 スノボ初心者さんの5割以上が風邪を引く?
 寒いはずのゲレンデで、なぜ汗をかくの
 この方法で風邪を早く確実に治す
 スノボに塗るなら、このワックスを使ってみて
 「今ここで、スノボのすべてを教えて!」
 これを知っておけば、あなたもスノボ上級者
 初心者さんにスノボを教えるには・・・
 スキー場での出会いなんてあるの?
 インターネットショッピングの罠(わな)?
 スノボが上手いとモテる?ゲレンデマジック
 スノボって最初の出会いが、とっても大切
 わたしをスノボにつれてって
 カッコよく、パーカーでスノボを楽しむ
 自分だけ初心者なのでスノボに行きたくない
 スキー場で熱々のカップ麺を食べるには
 駐車場で見かける、アレは絶対やめて!!
 モテるスノーボーダーの必殺テクニック
 自分が滑っている姿を見たときの衝撃!
 こんなスノボ上級者は嫌われる
 普通のアイロンでボードにワックス塗る?
 スノーボードで激やせ。スノボダイエット
 禁煙に成功したきっかけは、スノーボード
 誰も知らない?プロスノーボーダーの秘密
 スノーボードキャリア?スキーキャリア
 雪用ワイパー、スノーブレードはなぜ高い
 スキー場の最大のセールスポイントはコレ
 これで、もう転ばないスノーボーダーになれる
 スノボに運動神経なんていらないよ!
 
 3月の早朝、スノボに出かけたら事故に
 スノボ・ブーツ試着中、足が抜けなくなった!
 売れるスノボ、売れないスノボ。ここが違う。
 中古のスノボ・ブーツを買ってみたら・・・。
 BURTONブーツの履き方、脱ぎ方。
 リフト代がタダになる?リフト無料って本当?
 「雪マジ」で得した人、損した人、○○○な人
 眠れぬ夜は、ひとりスノーボードに出かける
 デニムでスノボ、ジーンズでスノーボード
contact 
 お問い合わせ
advertisement